債務整理・過払い金返還請求の専門家-司法書士法人みどり法務事務所-

債務整理・過払い金返還請求の専門家-司法書士法人みどり法務事務所-
過払い金

過払い金とは?

過払い金とは、貸金業者に払い過ぎたお金のことをいいます。
法律上「利息制限法」という法律があり、貸金業者がお金を貸すにはその額に応じた金利が定められています。

【利息制限法が定めている金利】

元本額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円以上
100万円未満
年18%
100万円以上 年15%

しかし、お金を貸す際には「利息制限法」とは別に「出資法」という別の法律も存在しています。
そして平成22年6月まで、その「出資法」が定める上限金利と、「利息制限法」が定める上限金利がそれぞれ違っていました。
「利息制限法」の上限金利を超えても、罰則がありませんが、「出資法」の上限金利を超えると、罰則が設けられています。
この2つの法律の定める上限金利の間の金利を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。

出資法の上限金利(H22年6月まで-利息制限法の上限金利-罰則の対象金利29,2%以上-グレーゾーン金利-金利20%-金利18%-金利15%

以前はこの「グレーゾーン金利」でお金を貸していても罰則にはあたらなかったので、多くの貸金業者は「グレーゾーン金利」でお金を貸していました。
しかし平成18年に最高裁判所で「グレーゾーン金利」を実質否定する判決がくだされ、「利息制限法」が定めている金利を超えた部分の返済については、借金の元本に充てられることになりました。

利息29%(グレーゾーン金利)借金の元本-利息制限法の利息-超過して支払った利息分-利息制限法の利息18%-元本に充当される-借金の元本-利息制限法の金利を超過して支払った利息分が、借金の元本に充当されるので、その分借金の元本は減る

これにより、「グレーゾン金利」での取引を、「利息制限法」の定めている金利で計算し直すことができ、借金の元本以上に払い過ぎていた分があれば、その返還を請求することができるようになりました。

実際に残高が無くなった後に、払い過ぎていた額「過払い金」-利息制限法での金利で支払った場合の残高の変動-グレーゾーン金利で支払った場合の残高の変動-グレーゾーン金利で今まで支払っていた返済を、利息制限法の金利で計算し直すと、残高がへるのが早くなるので、実際にはもっと早い段階で完済をしていることになる。

その払い過ぎていたお金を請求するのが、
過払い金請求
です。
過去にしていた取引の金利が高かったなどの心当たりがあれば、一度専門家に相談してみるのをおすすめします。

メリット・デメリット

メリット デメリット
払いすぎていた利息が
返ってくる

過去に払いすぎていた利息を過払い金返還請求というお手続きにより取り戻すことができます。

過払い金請求をした貸金業者のカードは使用できなくなる

請求の対象となった貸金業者のカードは使用できなくなる可能性があります。

信用情報に登録されない

借金を完済している場合、過払い金請求を行っても信用情報機関(いわゆるブラックリスト)へ登録されることはありません。

代理人が直接交渉

弁護士や司法書士が代理人となり直接交渉するため、ご家族や第三者の方にお手続きが知られることは原則ありません。

お客様事例

借金を完済していた方の例
まさかこんな臨時収入がはいるとは思いませんでした。

依頼者 年齢51歳 男性 会社員
借入先 借入期間 状況 お手続き後の
過払い金
A社 27年 3年前に
完済
合計
134万円
が現金で返還!
借金を完済していた方の例
時効になっていたものもあったので、もう少し早く手続きすればよかった。

依頼者 年齢33歳 女性 会社員
借入先 借入期間 状況 お手続き後の過払い金
S社 9年 3年前に完済 34万円 合計
51万円
が現金で返還!
K社 3年 10年前に
完済
時効によりお取戻し不可
N社 9年 3年前に完済 7万円
C社 2年 11年前に
完済
時効によりお取戻し不可
P社 5年 6年前に完済 10万円