任意整理とは?

任意整理とは、司法書士が利息のカット借金の減額、そして月々の返済額を減らす交渉をすることです。

お客様の依頼を受けて当事務所が直接交渉-借金の減額、利息のカット、月々の返済額の減額

任意整理の手続きが始まると、まず貸金業者からの請求がストップします。
そして、現在の借金の残高が正しい残高なのかを調査します。
お金を借りていた当時、高い金利、つまりグレーゾーン金利(※グレーゾーン金利の詳細は 過払い請求 のページへ)での取引だった場合には、現在の借金が減る可能性があるからです。

出資法の上限金利(H22年6月まで-利息制限法の上限金利-罰則の対象金利29,2%以上-グレーゾーン金利-金利20%-金利18%-金利15%利息29%(グレーゾーン金利)借金の元本-利息制限法の利息-超過して支払った利息分-利息制限法の利息18%-元本に充当される-借金の元本-利息制限法の金利を超過して支払った利息分が、借金の元本に充当されるので、その分借金の元本は減る

正しい借金の残高がわかったら、ご本人樣と司法書士との間で、無理のない返済計画を話し合っていきます。
それをもとに、司法書士が貸金業者に対して、利息のカットや月々の返済額を減らす交渉をします。
利息をカットする交渉をすることによって、そのまま返済を続けていたときより、早く完済を目指すことができます。

利息があるときは、元本のほかに、利息も支払うので完済まで時間がかかる。任意整理をすると・・・同じ借金の額でも利息の支払いがなくなるので、完済が早くなる!

「今の借金の支払いが苦しい。」、「以前に、高い金利でお金を借りていた。」など、
そんな方は、一度、当事務所へ無料相談してみることをおすすめします。

任意整理メリット・デメリット

メリット デメリット
貸金業者からの請求がストップする

弁護士や司法書士が代理人となり、貸金業者にお手続き開始の通知を送ると貸金業者からの連絡や請求はすべて、代理人へされることになるので、ご本人様への連絡や請求が止まります。

信用情報への登録

信用情報機関に登録され、任意整理後約5年間はクレジットカードを作ったり、新たな借入れをすることができなくなります。

お手続きをする業者を選べる

裁判所を通さないお手続きなので、柔軟性があり、任意整理する債権者を選んでお手続きをすることができます。

借金を減額できる可能性がある

お客様の取引で払い過ぎた利息があった場合、今の借金が減る可能性があります。
また、取引期間が長ければ、利息が払い過ぎになっていて取り返すことができる可能性も高くなります。

月々の負担が減る

借金の返済計画の組み直しとなるので、月々の返済額が減り、利息をカットできる場合もあります。

- 任意整理 - お客様事例

ケース1:任意整理をしたおかげで残りの借金も過払い金で払えて、手元にまでお金が!

生活状況:年齢34歳 男性 サラリーマン
消費者金融2社 77万円

お借入れ先 お借入れ期間 お借入れ残高 お手続後残高 過払い金
消費者金融S社 9年 55万円 0円 30万円
消費者金融L社 8年 22万円 0円 20万円
合計 50万円

ケース2:収入もないのに借金を整理できるとは思いませんでした。

生活状況:年齢62歳 女性 無職(退職)
消費者金融1社 67万円

お借入れ先 お借入れ期間 お借入れ残高 お手続後残高 過払い金
消費者金融L社 9年 67万円 0円 43万円
合計 43万円

※以上はプライバシー保護のためお客様の実例を一部修正してあります。
※借り入れ条件・取引状況により、必ずしもこのような結果になるとは限りません。まずは、ご相談下さい。

司法書士法人みどり法務事務所-お問い合せ