- ま行 -

みなし弁済 お金を借入するときにどれだけの利率で利息があるのか、その利率は利息制限法を超えているのかどうか金融機関は説明しなければなりません。お金を借りるときに、利息制限法を超えていると理解して借入した場合は、法律上過去に払いすぎた利息があったとしても過払い金返還請求は出来ない場合があります。
民事再生(個人民事再生) 経営不振に陥った企業が倒産をしないで事業の再生を図る、再建型の法的整理の手続きのひとつです。
無人契約機 消費者金融会社などの支店や無人店舗に置かれている非対面式のローン借り入れ契約機のことです。
名義貸し 他者の取引に関して、自分の名前や商号を貸して契約をさせることです。
免責決定 破産手続きの終了後に破産者(借りていた人)が残りの債務について弁済の責任を免れることを認める裁判所の決定のことです。
免責不許可事由 破産を申し立てた場合に、免責不許可事由により借金が免除されなかったときの裁判所の決定のことです。
申立書 訴訟法上、裁判を起こす人が裁判所に対して特定の内容の訴訟行為を求める旨の意思表示を記載して提出する書面のことです。
申立人 裁判や調停を申し立てる人のことです。
司法書士法人みどり法務事務所-お問い合せ